バンドーラの歴史

ラテンアメリカに現存するバンドーラの祖先は、12世紀にアラブ世界からヨーロッパにもたらされたウードから派生したリュートとされている。そのリュートが、スペインでバンドゥーリアとなり、いつからかバンドーラと呼ばれるようなったものが、大航海時代の16世紀にスペイン人の手によりラテンアメリカに渡ったと考えられている。バンドゥーリアと現在のバンドーラ・オリエンタルの間には、形体的に明らかな共通点がある。ベネズエラにおける最初のバンドーラに関する歴史的記述が現れるのは1815年であり、バンドーラという楽器を演奏する黒人奴隷のことが記されている。独立戦争の時代には、携帯性にすぐれたバンドーラは、兵士たちの戦場での余暇に重宝した。近代に入っていったん忘却の危機に陥るも、アンセルモ・ロペスの革新により、脚光を浴びることになる。現在では、とりわけ、若い世代のバンドーラ・ジャネーラの奏者たちが、現代的傾向を取り入れながら、バンドーラ音楽を進化させている。

(Left) A Spanish Bandurria of the 18th century; (Right) Bandola Oriental
A Spanish Bandurria of the 18th century and an actual Bandola Oriental