ダウンピッキング

ダウンピッキングの記号は、Пであるが、とくに指示する必要がない場合以外表示しない。

ダウンピッキングにおいては、次の事柄が同時に実行されなければならない。

①少しピックを寝かせ、ある程度斜めの入射角で弦に当てる

②すぐ下に位置する弦にもたれかかってピッキング動作を終える「アポヤンド奏法」で弾く。後述の「セグンデーオ」を身につけるためにもしっかり次の弦にもたれかかることが必要である。1弦を弾いた場合は、当然下方にそれ以上弦がないので、「アルアイレ奏法」となる。

③リストを支点にした運動。肘を支点にしてはいけない。速いホローポを弾くには、動作をできるだけコンパクトにする必要がある。意識の上では、クアトロを弾いているような動きを心がける。

④手全体の重力を十分に活用する。手の重力を意識するには、非常にリラックスしていなければならない。

ダウンピッキング

Notice the importance of the supporting point which is the wrist and not the elbow. Also take notice of finishing off the picking motion with resting on the next string below. When we are playing the 3rd string, we are stopping and resting the pick on the 2nd string. Make sure that you are able to do so fluidly and slowly start to increase the speed with which you do this as it will become important for the integration of techniques as we move forward.

Do you want to keep track of your progress? Register an account now to mark lessons as complete.